済州島で食べた美味しいものを綴っていきます!

成田発9:35の大韓航空で出発~
2+00JustのFLT TIMEで済州空港に到着。

済州島の旅、前半の2日間はTHE SHILLA HOTEL JEJUに滞在でした。
空港からタクシーでHOTELへ。

空港から新羅ホテルまではタクシーで約50分
タクシー代は、約W30000
この日のレートが約10倍強だったので、日本円で3000円くらいです。
もちろん空港からホテル行きのバスもあります。 ご参考までに・・・
 

新羅ホテルに到着後、ラウンジでチェックイン

オーシャンビューのチェックイン・ラウンジ
到着時は曇っていましたが、このあと段々快晴に
そして、しっかり暑い~ Welcome Drinkの冷たい梅ジュース一気飲みでした~

機内食はほとんど食べなかったので、かなりの空腹。
お部屋にご案内してもらい、早速ランチへ!
済州島の一食目は、新羅ホテル内の韓国料理レストラン“天地”で・・・

済州島は海のものが美味しくて有名なのですが、黒豚の産地としても知られています。
夫も私も、気分は『両方いただきましょう』で合致!

まずは、スモールサイズのアワビ粥&パンチャンがズラリの並び、
食べる気ますます

白菜の겉절이(コッチョリ)が美味しかった~

겉절이は熟成させない浅漬けキムチです。

この日のシェフズ・スペシャルは真夏のランチにピッタリのお料理
アワビのムルフェ!

ムルは『水』、フェは『刺し身』を意味するので、何となく伝わるかと。

冷たいスープに浸った刺し身
刺し身をよく食べる日本でもあまりない食べ方ですよね。
韓国では、済州島以外でも夏のお料理でポピュラーです。

私はムルフェ、あまり好きではありませんが、アワビなら別!
タコや、緑豆のムクも入っており、下の方にはレタスなどのお野菜もたっぷり。

見た目は赤いの辛いと思われるかもしれませんが、
味付けは、甘酸っぱく、ところどころシャーベット状態。

『酸』『甘』で“酸甘化陰”
酸味と甘味の組み合わせは、身体の陰液を生み出し、Keepする
夏の薬膳にも生かしたい理論。

熱を冷まし、潤いをチャージするには抜群のお料理でした

中医学理論を知り、韓国料理をみると
『薬膳』が食文化に根付いていることを、よく見ることができます。

そして、メインの“鮑とオギョップサル(豚の五枚肉)のクイ”

クイとは、焼き物のこと。
鮑の肝も、ゴロ~ンと入っていますよ~

古漬けキムチを洗ってソテーしたものと、ニンニクの丸焼きが添えてあり
食欲が出ないわけがありませんっ!

生野菜でサム(包む)のは、もうお約束(笑)

テンジャンチゲもグツグツで登場~!

パンチャンは空になると、おかわりを持ってきて下さり、
ホテル価格でお安くはありませんが、とっても充実した済州島の一食目でした

デザートのお餅

小豆の中はよもぎ餅
お茶は冷たい柚子茶でした

チェックアウトの日、朝食もいただいたので、
そちらはまた後日アップしますね。

新羅ホテル内3F 韓国料理レストラン“天地”オススメです!

KOREAN RESTAURANT 天地

~薬膳Salon☆薬膳料理教室ご案内~

9月の薬膳料理教室 一般予約募集中です!
開催日程は、こちら です。
お申し込み方法など詳細は、こちら をご覧ください。

『新開ミヤ子と行く韓国薬膳料理の旅4日間』

8/24(土)に説明会&懇親会を開催します。楽しく旅の準備をしていきましょう!

韓国料理教室TOPへ戻る