今日は牛すじ1.5kgの仕込みから一日がスタート~
下処理して、茹でて、スープを漉して、牛すじを切り分けて計量・・・

朝から汗どっしゃりぃ~

この柔らかく煮た牛すじを韓国風の甘辛煮にして、
『薬膳料理とワイン&チーズのマリアージュ』でお出ししています。
 
グラタンにするので、白にも赤にもいけますよ~

ちょうど、白から赤にスイッチするところでお召し上がりいただく感じです!

この韓国風牛すじの甘辛煮はオンマの味のひとつ。
小さい頃からの私の大好物なので、よく作ってくれました。

食べ盛りの高校生の時は、帰宅後のおやつに食べていたことも(笑)

ケーキやクッキーは焼いてくれなかったけど、
庭にできる韓国カボチャでチヂミを焼いてくれたり、
朝からテールスープだったり、
庭のブドウの木で自家製ワインを造って、飲ませてくれたり、
よそのおうちでは、ありえないものを(もっといろいろありますから~)
食させてもらえてことはスゴイことかも

牛すじ、いっぱい仕込んだから
明日は我が家用にも韓国風の甘辛煮を作って、
ナムル&キムチものっけた韓流牛すじ温玉丼ぶりを食べよう~

オンマの味は娘の私が、こんな丼ぶりやグラタンにも展開して、
たくさんの方々にご紹介しています。

昨日レッスンでは、『家族みんながこの牛すじ大好き』と言ってくださっていて、嬉しかったです
家庭の味が伝わっていくって、素敵ですよね

新刊の『家庭で楽しみ韓国薬膳料理』にも掲載していますので、
ぜひ、おうちでも作ってみてくださいね

韓国料理教室TOP