前回の『韓国薬膳の旅』レポ8からレッスンやお仕事、歳をひとつ重ねたり・・・(笑) とバタバタしており、随分間があいてしまいました・・・ ミヤネヨ~(ごめんなさいね~) 韓国薬膳ツアーのレポはまだ2日目のお昼、平昌(ピョンチャン)にある『静江園』で、

 

 

特大ピビンパプのランチをいただいて・・・

 

コチュジャン作りの韓国伝統飲食文化体験ののち・・・

 

 

続きまして、 宮中トッポッキ(궁중떡볶이=クンジュントッポッキ)作りも体験していただきました! こちらは『チャングムの誓い』10周年記念番組のMBC密着取材があったため、 なんと急遽、追加されたプラン! 今回のツアーご参加者様、ラッキーでした{/kirakira/} 韓国料理で知られているトッポッキは、 コチュジャンベースの甘辛いタレを連想される方が多いと思いますが、 『宮中トッポッキ』なので、時代的に唐辛子がないため、見た目はまったく違います。 簡単に言うと、醤油ベースで、お肉や色とりどりな野菜が入ったトッポッキなのです。 デモンストレーション形式で、宮中トッポッキ作りスタート

 

私は静江園の先生とデモンストレーションのため師範台にいましたが、 どこだかわからない方向を見て一人で笑っている不思議ちゃんです~(笑) でも、料理はちゃんとできますわよ~ 皆さまは切り落としてからカットされていましたが、私は韓国カボチャの皮をかつら剥き~

 

何度も『잘 하시네요~(上手ですね~)』と言っていただき、料理の先生として面目がたちました(笑) そして、やれと言われるがままにデモンストレーションは進み、

 

ガイドのオさんの通訳で、実習チームとオーディエンスの皆さまにも体験いただきました!

 

切るところも、炒めるところも・・・

 

 

TV撮影あり~

 

 

チャプチェのように別々に炒めて行ったら、右後方から大きな鍋が登場~!

 

 

それぞれ丁寧に下準備したものを合わせていきます。

 

 

美味しい+美味しい=何倍も美味しくなる法則なので、一つずつの工程を大切にね。 ハイ、宮中トッポッキの完成

 

です

 

 

皆さま、お昼いただいてお腹いっぱいだったと思いますが、 おやつ感覚で召し上がっておられました。 その昔、宮廷でも王子様や姫様のおやつだったと言われている『宮中トッポッキ』 韓国薬膳ツアーの思い出が予定より一つ増えて良かったです

 

『宮中トッポッキ』作りが終わる頃には・・・

 

 

皆さまと作ったコチュジャンのお持ち帰り準備もできていましたね~。

 

 

お手伝いくださった皆さま、お疲れ様でした! 旅の思い出もしっかり詰まった、

ずっし~り重たい1kgの手作りコチュジャン

 

皆さま美味しい韓国料理を作ってくださいね~

こちらの『静江園』で体験できる韓国伝統飲食文化体験は他にもいろいろあります。 原則10名以上での参加が可能とのことです。 ソウルからかなり離れており、日本語は通じないため個人旅行では難しいかもしれませんが、 オプショナルツアーを扱っているところもあるようです。 HPは韓国語なので、『静江園』が紹介されているKONESTのリンクを貼っておきます。 行きたい方は、お調べになってみてくださいね。

韓国伝統飲食文化体験館 『静江園』

所:江原道平昌郡龍坪面白玉浦里 21-4

 

韓国薬膳ツアー、江原道の旅はここまでで、

この後ソウルへ向かい二日目の晩ご飯へ~! レポ9につづく・・・

 

韓国料理教室TOP