先々週の土曜日から韓国薬膳ツアーの視察旅行へ行ってきました

早朝5時半のバスで羽田空港へ~ 今回はJTBの現地ガイドさん、運転手さん付きの贅沢な視察なので、 この秋出発の韓国薬膳ツアー最終確認だけでは勿体ないから、 来年以降のお店候補もチェックする気マンマン。

JALのサクララウンジで朝ご飯しながらPlanning てなわけで、 金浦空港到着後の初日、なかなかのフードファイトぶり。 ルーティンは組んでくれていたので、私お一人さま専用車で即出発~

まず1件目は京畿道にあるペクスクのお店へ。 とっ~ても、のどかな風景が続き、到着。

小さな個室のお部屋に案内して頂いて、早速、予約済みのペクスクを試食。

お昼時間だったので、 運転手さんもご一緒いただいて3人でお鍋を囲みました。

 

丸鶏ですが、蔘鶏湯との違いは鶏の中に詰め物をしないこと。 蔘鶏湯同様、基本味付けはしないので、どちらかと言うと『丸鶏の水炊き』 なので、ペクスクは『白熟』と漢字では書きます。 こちらのお店は、高麗人参、黄耆、鹿の角、甘草などの韓方入り。 一軒目から補気、補陽の効能バッチリの韓国薬膳で嬉しい

 

 

 

もち米のお粥も入っているのですが、はと麦入りでした。 上の鍋の写真、縁に一粒のっかってるのが見えるでしょう。 はと麦は雑穀ですが、生薬でもあり、生薬名は『薏苡仁(ヨクイニン)』 利尿作用を促し、むくみの改善に良いことは、最近ではよく知られているところ。 また胃腸を機能を高める他、美肌作りにも良いとされる身近な食べるお薬です。 まずは、鶏肉をお塩でいただき・・・

 

地鶏なので身がしまっていました。 パンチャン(おかず)にも興味津々~ キムチも美味しかった

生の薩摩芋があるのは、なんで? … でしたが、 ガイドさんが栗や薩摩芋は生でも良く食べるとのこと。 そうそう、うちのママも栗を生でかじってたな… チナムルや唐辛子の葉のナムルなど、 日本では食べられないパンチャンも楽しみました♪

ドカッと、お粥のおかわりも登場~

お鍋に投入~ この後すぐ、もう1軒お昼ご飯するお店に向かうねんけどね(笑) 優しい笑顔のお店の社長さん

ご馳走様でした 今年のツアーには組み込めなかったけど、いつか機会があれば!

옛날집(イェンナルチ) 住所:京畿道金浦市月串面愛妓峰路275番 電話:031-987-4688

韓国にも母の思い出がいっぱいで、まだまだ悲しいのですが でも漢方医で、料理上手だった母は、『薬食同源』を 医療人としても、親としても教えてくれました。 そんな母の祖国である韓国 韓国の美味しくて身体に良いもの、素敵なところを、 私なりに一生かけて伝えていこうと思います。 今回の韓国視察だけでなく、 今まで行ったところを(ほとんどお蔵入りさせてるし・・・) 時間がある時に順不同でアップしていきますね。 ご参考にしていただいたり、 『美味しそう~』『韓国に行ってみたい!』と思っていただけたら幸いです。

韓国料理教室TOP