5/2ソウル滞在中、私がSTAYしていたザ・プラザで
全羅南道道庁観光課マーケティング곽チーム長はじめ、
全羅南道観光財団の皆様、そして南海観光 理事のハさんも来てくださり、
私の全羅南道名誉広報大使 委嘱のお話をいただきました。

 

翌日、会議で正式に決定

『全羅南道名誉広報大使に決まりました』のご連絡を受けたと同時に
今回の「全羅南道グルメ広報ツアー」のmissionがスタート!

この日から私の頭の中には常に
『全羅南道の広報』『全羅南道の広報』『全羅南道の広報』がグルグル(笑)

そんな感じで、ずっと準備を進めてきた「全羅南道グルメ広報ツアー」

本来は、6月29日に大阪メルパルクホールでイベントが開催されて、
私も出演のため大阪からJoinするはずが、
先の地震で9/29に延期となり東京組と当日羽田空港から出発。

これが、良いリサーチになりました。
全羅南道へは『新開ミヤ子と行く韓流美膳の旅』の視察、
全羅南道ツアー3回、夫とのプライベート旅行で何度か訪れています。
私が今まで移動手段としていたのは、羽田空港ー金浦空港(もちろん国際線!)

金浦空港到着後、ツアーでは専用バスで公州や光州で
遅めの昼食でワンクッションおき全羅南道各地へ。
帰国時は、全羅南道各地から光州空港ー金浦空港ー羽田空港
光州空港は国内線のみなので、日本の空港に直行便はなく、
金浦経由で帰国が必須。関西からツアーにご参加の方々は、
なんと光州空港から済州島に飛んでから、トランジットで関西国際空港への帰路でした。

今回の「全羅南道グルメ広報ツアー」は、私の全羅南道名誉広報大使の就任と
4/30からのチェジュ航空関西国際空港ー務安国際空港の定期便就航記念も兼ねて、
関空からは全羅南道へダイレクトに行けることを広報するためでもありました。
なので、東京組は羽田空港国内線で関空へ。
そして、務安国際空港から全羅南道入りが旅の始まり、始まり~~

私の韓国ツアーをお願いしている三進トラベルサービスの立木社長が
東京組のメンバーに参加くださっていたので、
羽田ー関空の移動についていろいろ相談をしてきました。

なんせ初めてのことで、絶対ミスれない!何かあったときに後の便に振替可能、
または新幹線で新大阪ー関空入りできる超安全策をとり

なんとこの時間に羽田空港国内線に到着~夕方ちゃうよ~朝よ~
ANA93便 羽田発7:10-関空着8:25に搭乗

ほかの選択肢としては、安全策の同じ時間帯の場合
JAL221便  羽田発7:10-関空着8:30

理想的なトランジットは、
SJF21便 羽田発9:00-関空着10:20

7/4に務安入りされた三進トラベルサービスの畑山さんは、
このスターフライヤーの便で関空入りされて
トランジット特に問題なしだったそうです。

そして、チェジュ航空の出発時間は、
7C1311便  関空発12:30-務安着14:10着

関空は国内線ー国際線が同じ建物の中のフロワー違いなので、
Baggageをピックアップしなければいけないトランジットでも
移動に時間を要しないことがメリットですね。

これから何度も全羅南道へ行くことになるので、
この経験はメリット、デメリットの把握ができて私自身が勉強になりました。
関東圏の方々も、羽田発ー関空経由ー務安着の全羅南道旅行を大いに検討いただきたいです!
チェジュ航空のフライト時間が今後変わる可能性もあるとのこと。その都度お伝えしていきますね。

私はCA時代の最後2年はKIXベースで大阪に住んでいて
関空発の国際線を飛んでいたので昔のホームベース

でも今回の東京組はほとんど初関空とのことで、関空でのトランジットタイムもEnjoy!
明るいオーラの方々ばかりで、羽田から結構盛り上がっていました。

心友ゆうこりんの笑顔と温かいお人柄に、いつも癒されます♡

何はともあれ、関西組も合流して10名全員が元気に関空から務安へ向かいました!

次回はチェジュ航空の関空ー務安 Flight編を綴ります。

 

韓国 全羅南道 名誉広報大使 新開ミヤ子