潭陽郡昌平(タミャン郡チャンピョン)三支川村(サムジネマウル)にある
약초밥상の薬草料理36種類を3回に分けてご紹介します。

 

薬草は최금옥先生ご自身が山で採取し、
チャンアチ(お漬物のようなもの)にしたもの。

高級なご馳走ではないけど、
どう体に良いのかを学びながらいただいた薬草料理は
私が韓国で食べたたくさんの料理の中で、いつまでも心に残っているもののひとつです。

 

薬草写真1
①자소매실 紫蘇梅
日本の梅干しよりかなり塩分控えめ
胃腸に良く、肝機能回復に役立つ

②소루쟁이 ナガバギシギシ
根は羊蹄根という止血薬に分類され、
民間では生の根のしぼり汁を、水虫、いんきんたむし、だだれなど皮膚病全般に効くとのこと。

③작두콩 なた豆
痔、蓄膿症、中耳炎、胃炎、大腸炎に良い

④차즈기 紫蘇
防腐、咽喉炎、消化不良、解毒、精神安定

⑤돼지감자 菊芋
便秘、糖尿、体脂肪分解、関節炎

⑥고로쇠 イタヤカエデ
骨粗鬆症、糖尿、消化不良

 

 

薬草写真2
①고춧잎펄효즙장 唐辛子の葉の発酵汁醤
免疫力強化、心血管疾患の抑制

②들깨잎 えごまの葉
認知症予防、神経安定

③민들레 たんぽぽ
解熱、消炎、気管支炎、消化不良、便秘

④머위대 껍질 ふきの皮?茎のスジかな?
骨粗鬆症、便秘予防

⑤머위대 ふきの茎
カルシウム、鉄分が豊富

⑥생강나무 生姜の木※生姜とは別物
瘀血、打撲傷、筋肉痛、捻挫などに良い

 

まさに薬食同源!
お味も良くて、薬草も料理の腕次第だな~と感動を覚えます。
つづく・・・

 

3/20~23 全羅南道広報大使と行く
「全羅南道の美食と神秘の海割れツアー」募集が始まりました!

韓国一の食の宝庫を巡る旅へご案内いたします